2006年05月30日

指定型★バトン

由さんからご指名頂いた「指定型バトン」に回答!
泉水嬢秋さんと私に下された指定は『五條瑛』(笑)。

-----------------------------------------------------------
【指定型★バトン】
廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。
また、廻す時、その人に指定する事。

-----------------------------------------------------------

ということで、以下答えてみたいと思います。

--最近思う『五條瑛

もっと早くに読んでおけば良かった・・・!と常々悔いております。
秋さんのお陰で読んだのは大学時代だったのですが、
やはり絶版になっている『断鎖-Escape-』(革命小説シリーズ第1巻)を
正規の値段で買いたかった!
(思い余ってAmazonのマーケットプレイスで高値で頼んでしまった)。
「最近思う」というより、毎日毎時間考えてますね(苦笑)。

--この『五條瑛』には感動

<<革命小説>>シリーズに限るなら、やはり『断鎖』で泣きました。
最後のドンデン返し(?)から「亮司への報酬」の結末―。
サーシャの演出効果で吹き飛びがちですが、亮司の転換期である話なので
何度でも読み返してしまいます。
他のシリーズや単品だと鉱物シリーズの『スリー・アゲーツ』。
これは北朝鮮の工作員の、本国と日本の2つの家族に対する愛情に。
『熱氷』の叔父さんと甥っ子にもぐっと来るものがありました。
五條全体で言うなら、やはり昨今世情で騒がれるよりずっと以前に
的確に北朝鮮情報、中国の発展予想、自衛隊etcを書いていたこと。
元々の職業柄ということもあるでしょうが、やはり素晴らしい!

--直感的『五條瑛

ぶっちゃけ「萌」「ツボ」でしょうか(爆)。
キャラクターの多彩さ、嫌味のなさ(いや、嫌味のある奴はいるが目が離せない)。
話全体の伏線と、登場人物のリンクが直感的に「好み」でした。
秋さんに薦めて貰った作品なら直感もクソもなく(笑)。

--好きな『五條瑛

今は「革命小説シリーズ<R/EVOLUTION>」と鉱物シリーズ。
そして『スノウ・グッピー』も捨てがたい。
革命小説シリーズは、単行本の背表紙を揃えるとアンリ・ルソーの
「蛇使いの女」(亮司お気に入り)の絵が出来上がるのが楽しみ。
副題がの「E」から始まって全10巻で一回りする予定。
現在<Escape>→<Violet storm>→<Open sesame>→<Lancet>→<Uxoricide>。
現在「小説推理」で連載中の<6th Mission:Thorn>は「純棘」。
毎回主役が違いますが、どっかで皆登場人物繋がってます。
相関図を書くと新宿だけでほぼ収まる感じ(笑)。

鉱物シリーズは全4作の予定で現在2作刊行。
プラチナ・ビーズ』と『スリー・アゲーツ』。
3作目は「パーフェクト・クォーツ」の予定とのこと。
こちらはちょっと<革命小説>シリーズとリンクしています。
ほかに脇キャラメインの単体作品もあり。

個人的には、文体が読みやすくて構成もしっかりしていて隙がない。
好きキャラの出ていないシーンや話でものめりこんで読める。
表現がやたらと妖しい(笑)。
と、言ったところが好きです。
登場人物は日本人からWASP、カンボジア、朝鮮人、中国人、多国籍etc・・・。
活動地域が狭くても、人物の幅が広いのが魅力でしょうか。
そして印象に残りすぎるキメ台詞の数々。

--こんな『五條瑛』は嫌だ

・サーシャが感情豊かだ
・亮司がキラキラしていない
・すみれが純真だ
・葉山がエディを打ち負かしている
・坂下が服の好みにうるさい
・宇佐見が結婚している
・仲上所長が清潔だ
・洪が品行方正だ
・エディとサーシャがメル友だ

--この世に『五條瑛』がなかったら

会社を辞めていたかも(笑)。
という冗談はさておき(え?)、五條作品がなかったら(出会わなかったら)
自分の読書欲の低下を止められなかったかもしれません。
そしてアジア諸国に興味を示すきっかけがなかったかも。
元々好きな方面ではあっても、自分から調べたり勉強することがなかったので
邪ながら興味を持てるようになったのはイイことだなあと。

--次に回す人、5人(『指定』付きで)

■『謝霆鋒』---朱理さん
■『吾郎さん』or『NEWS』---サヴァ彦さん
■『ロイ・マスタング』or『ヤン・ウェンリー』---友人Y
■『藤原斉信』---モモさん
■『藤渋』---九日月さん

ちょっと違反な指定の廻し方かもしれませんが(苦笑)。
時間のある方、気が向いた方、宜しくお願いしますm(__)m

答えはじめると、質問と回答がちぐはぐですね(汗)。
所詮私の戯言なのでお気になさらず。
由さん、楽しいバトンをありがとうございました!
『五條瑛』、気になりだしたら是非一冊(笑)。


posted by 浬 at 02:08| 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぬぉ…
流石しっかり宣伝してる!(笑)
私には無理でした…_| ̄|○

タイミング的に脳内が五條(革命)どころじゃなかったのも原因か…(苦笑)
Posted by いずみ at 2006年05月30日 12:19
熱の入る入らないのタイミングはあるよね…f^_^;それに泉ちゃんはブログにかなり書いてるし!
私の場合、同時進行継続型なので変に熱入ってるけど(爆)。勝手にニコやハボでも答えてみたいわ(笑)。
Posted by 浬 at 2006年05月30日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

指定型★バトン 『革命シリーズ』
Excerpt: なんか由さんからバトンいただきましたよ〜 [ 指定型★バトン ] 廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。 また、廻す時、その人に指定する事。 指定型・・・・?..
Weblog: 日々是好日也
Tracked: 2006-05-30 21:07

指定型バトン
Excerpt: 先日渋谷に行ったら、セニョTシャツの人がセニョ風船を配り歩き、街頭ビジョンではセニョ流しまくりで、大変驚きました。そして同じ地にこやまがいたとは…!ああ、会いたかったよ。
Weblog: ぼにゃり。
Tracked: 2006-06-02 00:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。