2006年10月31日

今日も今日とて。

聖黒漬けの1日でした(苦笑)。
仕事中、デスクの下に置いた鞄の中のマドンナの文庫を見ては
内容を反芻して目頭熱くしている自分は本当に末期だと思いました。
秋さん泉水ちゃんの布教力おそるべし(笑)。
特に秋さんには、高村薫から始まって福井晴敏、五條瑛、そして今回の
柴田よしき・・・悉くハメられております(爆)。
確かに傾向は似ている、そして個性的な登場人物(個性的過ぎ)。
国防ネタや裏社会ネタは、やはり魅力がありますね。

仕事帰りにフラっと県図書で「小説推理」のバックナンバーを立ち読み。
革命シリーズ『純棘』の連載を3話ほど読んだところで泉水ちゃんからの
メールが(笑)。
ナイスタイミングです。
こういうとき、会社の最寄駅が一緒だと嬉しいですね(方向逆だけど)。
『純棘』はサーシャとクァンの会話がお気に入り。
クァンは中国人なんでしょうか?(「光」とか)
仲上所長とかと知り合いだったら面白いのに!
亮司の心中もちょっと読めました。
うん、亮司も辛いな・・・でも、ギャラリーの商売も右肩上がりって
商才あるよ(つか、オーナーファンの芸術家たちのお陰か/笑)。
親御さんにも心配かけずに済むね〜と思いましたが、銀座の一等地に
画廊を持っているだけで既に心配かけます(パトロンは誰だ!って)。
サーシャは本当に男をタラシ過ぎだ(女はあまりタラシてる印象がない)。

電車の中で泉水ちゃんとお喋りしつつ、『月神(ダイアナ)の浅き夢』を
買いに行こうかしら・・・と話していたところ、帰宅後に我が家まで持ってきて
くれましたー!(ありがとう〜vvv)
ケーキまで頂いてしまって、いつもすみません。
で、届いたばかりの「ニュータイプロマンス秋号」を拡げて大騒ぎ。
あーうー、もう今の時勢にはついていけません。
マ王のために買ったとしても、藤原さんとかロイとかを除けば読むとこ少ないのに(笑)。
携帯いじりつつ、秋さんとも聖黒メールしつつ・・・楽しかったですね〜。
太閤記スタートスペシャル」と実写版「ちびまる子ちゃん」を観てましたが
太閤記の方は必殺仕事人なメンバー出過ぎ(笑)。
又左(利家)はいい子だ。
濃姫も市さんも信ちんラブで何よりだ!

■チャン・ドンゴン、イベントのために中国訪問

ドンちゃんのニュースに、霆鋒とセシの結婚についての発言がありました。
ドンちゃんええ人や・・・。
韓流四天王の中で、1番好きになったかもしれないドンちゃん。
本当にイイ男だと思います。

・・・昨晩は結局、銀英伝最終回まで観てしまいました(爆)。
今日はちょっとでも早く寝たれ。
posted by 浬 at 22:57| 香港 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

神無月晦に。

今日はもんの凄い眠かったです。
ちゃんと寝たはずなんだけどな〜。
寝る直前まで、秋さんと聖黒メールをしていたからかな〜(笑)。

『聖母(マドンナ)の深き淵』を通勤のお供にしています。
サクサク読める文体なのですが、如何せん聖黒を読んだ後だと
麻生や練ちゃんの心裡に思いを馳せると胃がキリキリして大変です(苦笑)。
しっかし、ミラのイメージアルバムの曲を聴きながら読んでいたら
「結構直高ソングって麻生と練ちゃんの関係性にも合うのかも」と
思ってしまいました。
秋さんともメールで話しましたが、やはりうちらの根底は「直江」か!(怒)
秋さん、泉水ちゃん、毎日メールのお付き合いありがとうございます。


■藤原松山償願歎蟹Oishii
■《死亡筆記》首映勁熱鬧 松山扮細逗小朋友
■《死亡筆記》來港造勢 藤原松山遭千Fans圍困

朝からズームインでも東方日報の記事が紹介されていましたが、
「死亡筆記」こと「デス・ノート」、香港でも大人気みたいですね〜vv
たっつんの「ネイホウ」、嬉しかったです(笑)。
香港のファンからすんごいサイン迫られてましたね・・・。

ついでにこんな記事もありました(笑)。

■香取赴寧夏取景

夜は月9とスマスマをいつものように。
いやー、やっぱりのだめは楽しい。
千秋先輩の成長記録かあれは(笑)。
キャラクターが個性的なのは、マンガが原作のドラマならではですね。
やはりマンガ原作のドラマは演出(テンポの良さ)と音楽と効果音が命です。
スマスマ、愛ちゃんを差し置いて4人でピンポン遊びしてるのが可愛かった(笑)。
中居が1番無難にこなすのかな〜。
あ、ホットペッパーのCMやっと一つゲットしました。
若いスマたち、やっぱりナイスチョイス☆

朱理さんが香港写真データを持ってきてくれたので、
久々にネットでニコ画像も観ました・・・白い。相変わらず。
ジェイさんのポップジャムも観れた〜vvv
あの人、「ももたろう」を自分の曲に取り込んで歌ってたのか!(笑)
凄い、流石は藤原とうふ店(意味不明)。
あ〜面白かった。

銀英伝、WOWOW放送本編最後のビデオが来ました〜。
うん、4期はあんまりちゃんと観てなかったところもあるので
じっくり楽しみたいと思います。
ユリアンの回想に出て来るヤンが声を発しないのは二重の意味で辛いですね。

友人Yのブログの話題の延長で、「ハボの小さなこだわりって何だろう?」と
考えていたのですが、やはりボインか煙草の火ですかね。
原作はジッポ派、アニメはマッチ派というのが小さなこだわり(笑)。
特に原作のジッポはハボの、というより対ラスト戦のための
荒川先生のこだわりでしょうか。

この時期になっても居間で蚊にくわれるー!
(※蚊にくわれる=蚊にさされる、の意)



posted by 浬 at 23:59| 香港 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

今はオマエが誘うままに

溺れてみたい−−−。

秋さん泉水ちゃん、今度カラオケ行ったらGLAYの「誘惑」歌いましょう(笑)。
マジ、麻生と練ちゃんソングだ…。

今日はレジャー運、人間関係、ほぼパーフェクトな運勢だったのに
1日引きこもりで台なしにしてしまいました。
化粧したのが18時くらいだもんな(爆)。
取り敢えず、「銀英伝」第4期観て号泣してました(T-T)。
ルッツの最期はもう文句なし。
ロイエンタールの最期はもう、何度観てもグタグタになります。
あの人、出血多量で失神するときも死ぬ間際も脳裏に浮かんでいるのは
僚友・ミッターマイヤーの顔なんですもん(苦笑)。
ロイエンタールの「遅いじゃないかミッターマイヤー」とバイエルラインの
「ウォルフ・デア・シュトルム(疾風ウォルフ)が泣いてるぜ」の台詞は
もう最高に涙腺崩壊でした。
「ジークフリード・キルヒアイスが生きていれば」
と、ミッターマイヤーも言ってましたが私は茨道にもロイエンタールと
キルヒアイスのコンビが好きだったのでifを考えてしまいます。
散々泣いた後には、ラインハルトの結婚式で笑わせて貰いましたけども
(何故笑う)。

auの携帯で登録している有料コンテンツを確認していたら、
東京フィルハーモニーのサイトが。
うわっ、ダウンロードしてないよ勿体ないとばかり解約する前に「ボレロ」と
「幻想即興曲」と「交響曲第25番」(モーツァルト)の第1楽章と
「2台のピアノのためのソナタ」を落としました。
そうそう、今日の気分は交響曲第25番の冒頭みたいだったのですよ!!

入浴中、秋さんから「亡国のイージス」を観ながら及川=真田さん〜な
メールを貰い、「ビンゴ〜!」と返信。
私もそう思ったところだったので余計に熱く賛同(笑)。
まさに文句なしだわ…。
そして相変わらず素敵な浩市さんに、死体でも綺麗なハラショーでした。
いやはや、聖黒の映像化を願わずにはいられない…。

明日はのだめとスマスマだ〜。
posted by 浬 at 23:39| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日も夜更かし?

隣の部屋から「天国と地獄」が聴こえる・・・(弟が鑑賞しているDVDだ)。
そして私はキング・クリムゾンの「Red」を聴いている。
マクドナルド&ジャイルズは未聴だけれど、元クリムゾンのメンバーだっけ?
練ちゃんに影響されてすぐ聴いてしまう辺りが駄目な私。
しかし練ちゃん、麻生・・・私にはキング・クリムゾンが分かりません(苦笑)。
麻生と同じく「宮殿」くらいならイイんですが。
麻生がよく聴かされた、と言っている親友というのは及川なのか。
うう、秋さんの言っていた「当分は聖黒のことばかり考える」現象が
既に降りかかって来ているのかもしれません。
花ちゃんシリーズに手を出すのはもう少し止めておこう。
ところで聖黒文庫版の表紙は、同じ写真を表と裏で焼いてるんですかね。

隣室の曲は「大天使ミカエル」に変わった。
・・・と、でもまあ今テレビでは銀英伝の第4期を垂れ流し中。
4期ってこんなに作画綺麗だったっけ?
ラインハルトがやたらと可愛い。
そしてミッターマイヤーも可愛い。
可愛い30代がごろごろしている。
ラインハルトは今の私と同い年だけどさ(汗)。
そろそろロイエンタールの謀叛(この表現は嫌いだが)だし、
ルビンスキーの胸毛が気になる(支離滅裂だ)。

明日こそ早起きして朝の清冽な空気を吸いたかったですが、
結局いぎたなくなりそうです。
10月ももう終わりだというのに、私は今日1日キャミ1枚で過ごしました(爆)。
posted by 浬 at 01:07| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

最近の覚書。

追記だけど、めでたいので冒頭に追記。

■金鸡百花颁奖--谢霆锋双手合实表示感谢
■第十五届中国金鸡百花电影节(新浪影音娱乐)

霆鋒が「新警察故事」のシウホン役で助演男優賞取りましたー!
良かった良かった。
賞取るなら、シウホンより「無極」の無歓さまの方が嬉しいけど(笑)。
何はともあれおめでとうニコ!
つうか、悪趣味なサングラスを取れーーー!

■SMAP×Hot Papper アテレコCM最新版

まだテレビで流れてるの、観てないんですが(泣)。
母親はいち早くあぶない少年の香取バージョンを観たらしいです。
くう、いつも私より母親の方が先に観ている・・・(私の方がテレビ
視聴時間長いのに)。
それにしても「シュート」のあの名シーンを使うとは!
凄い、ホットペッパーやってくれるな。
「山本編」もMIJスペシャルの春日燈篭の人だし(笑)。

■ガンガンモバイル

マ王のコンテンツも携帯小説の更新が無いので解約、
麻生と練のために登録が要るからハガレンもどうしようかと
考えてしまったのですが・・・駄目でした(笑)。
ここ暫く更新チェックを怠っていたら、ロイもハボもキャー!みたいな
画像が(分かり難い)。
ハボの無精ひげはたまらんですよ、ハイ。

■「弁護士 灰島秀樹」

やっしー、ありがとう!
室井さんの映画のパンフに書かれていた裏設定、ようやく日の目を
見ましたね〜vvv
石田ゆり子を起用したのも個人的に嬉しかったです。
そして沖田管理官(真矢みきさん)・・・ピンク・サファイアかいっ。
相変わらず色々と小ネタが転がっていて面白さ健在。
吹越さん演じる篠田が灰島の頭を撫でる最後が妙に可愛かった。
うわ、来週は「仕掛人 藤枝梅枝」じゃないっすか(笑)。
土曜プレミアム、侮りがたし。

■劇場版「DEATH NOTE」

前編が早くも地上波で放映されましたね〜。
やはりフジタツのあの顔は好きだ。
後編は狂気に拍車がかかった笑いを楽しみにしています。
あの子(同い年だけど)ああいう狂った役とかサディステックな役が
非常に似合って大好きで困ります(何)。
ヤクザのインテリ若頭とかやんないかしら。

■ウサタクの話

FMVの新CM観た後、そのまま検索してしまいましたが
なかなか面白いです。
最近、テレビよりネットでCMを見る機会が多いかもしれない。

■<携帯電話>ソフトバンクが受け付け停止…申し込み殺到で

何やってんですかねS社は。
でもそんなS社の携帯愛用者としては複雑。
いや、J-PHONE(日本テレコム)やvodafone時代をまだ忘れたくない。

■香取悟空宣言!“ハリポタを超える”

大言壮語は止めておこうや(笑)。
でも、現地での撮影風景はちょっと中国映画でしか観られないような
土地だったので嬉しいな。
相変わらず彼の地でもビール三昧なんでしょうかね。
慎吾空は。

■田口壮:Wシリーズ制覇 「信じられない」…長男抱え涙

カージナルス優勝おめでとーーー!
最後らへんだけ観てましたが、ワールドシリーズも4勝1敗でしたか。
田口、あの面子の中にいると中学生でもまかり通るよ!
(いや、だから子持ちですってば)

■まるマ:ハロウィン限定壁紙

テーマーリさーん!
な、何しでかしてくれたんですかっ。
陛下とビーレフェルト卿(あえてこう呼ばせて貰う)の格好ヤバ過ぎです。
間の次男が何をしでかすか(え?)。
次男もオカシイ。
完全に直江と化している(爆)。
posted by 浬 at 23:10| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。